今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果

今流行りのインプラント
一度埋め込めばその効果は原則的には一生もつとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きなちがいは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部がのこせれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額のコストが負担となる方も決して少なくありません。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。
現金でコストを一括払いする必要なく、自分が願望する治療を初めることはできる状況なっているんです。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、すべての治療をとおしたコストはすさまじくの額になります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっているのです。治療を初めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン(X線撮影、レントゲン撮影ともいいますね)、口腔内検査といった検査を綿密におこない、その上で治療方針を決めて治療を初めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聴き入れて治療を行なえます。
そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかも知れませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材から創られています。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聞くなります。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を初める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいて頂戴。
本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはイロイロな事情から、他の治療がうけられない患者さんがうける治療です。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどのわけで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。
入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。